FC2ブログ

農機具とお別れ

去年の暮れに
ハーベスタ(脱穀機)、バインダー(稲刈り機)、唐箕(とうみ)
運搬車などを知り合いに譲って引き取ってもらいましたが

今回は
大型ごみとして市の収集車に回収してもらいます
収集車が来る前に記念撮影です

右側のブリキ缶は玄米を入れておく 貯穀器 です
何俵ぐらい入るでしょうか
少し前まで使っていたものです

これよりも大きい貯穀器もありますので
それも大型ごみとして引き取ってもらいます

P1200572.jpg



次は
いかにも古色蒼然としたダンボール箱ですが
見るのは私も初めてです

上の箱には文明式火炉(かろ)
下の箱には文明式・軸流送風機と書かれています
送風機には国謍(営)検査合格と記されています

製造元は
奈良市南京終町文明精機工業株式会社となっています

文明精機の会社は現在もあったとしたら
今は何を作っているのでしょうね~
京終(きょうばて)と読むのは知らない人には難しいでしょうか

P1200574.jpg


火炉(かろ )の箱の中身です
その昔、天日干しの後、脱穀した玄米を
乾燥機に入れて更に乾燥させていました

この火炉の中で練炭を燃やして
熱風を送風機で送って乾燥させていたものです

そのまた昔には
天日干し後に脱穀した玄米を莚(むしろ)に広げて干して乾かしていたので
その名残で
収穫した玄米をしっかり乾燥させておきたいと考えられていたのだと思います
乾燥が不十分だと米の質が低下しておいしく食べられなくなります

竹竿に稲藁を干して天日干しするだけで
充分乾燥することがわかってからは
これらの乾燥機は使わなくなりました

収獲したお米は売ったり、1年かそこらで食べきってしまうので
個々の家庭で玄米の備蓄をしなくなっているように思います

今のところ食糧難になる心配はありませんから
古古米になるまでも備蓄をしている農家さんは少ないのでは
ないでしょうか

P1200577.jpg




火炉からとりはずしたサーモメーター(温度計)です
18℃ぐらいの気温でちょうどあっていますね
使えるかもしれないし、記念に残しておきます

でも考えてみると・・・
気温計としては零下が測れませんし
2℃刻みの目盛りでは温度計としては
不正確でおよその温度だし
40℃以上の温度を測ったり
100℃近い高温は普通の生活ではありませんね
火炉・ボイラーの温度計のことだけはありますね~

P1200575.jpg




温度計を横から見たところです
金属棒部分で温度を検知するのでしょうね

火炉を使っていたお祖父ちゃんは温度計をチェックしながら
適切な温度管理をしつつお米を乾燥させていたのでしょうね

P1200576.jpg
スポンサーサイト



コメント

No title
懐かしい農具が出て来ましたね。
このブリキの貯穀器は我が家にもまだ有りますよ。 
邪魔なので回収業者が来た時引き取って貰えないか聞いたらブリキは駄目って・・。
鉄製ならね・・・。
うちも捨てたい農具沢山有ります。
最近まで循環式乾燥機が一部屋取ってましたが、思い切って引き取って貰ってやれやれ。
農家ってすっきり片付きませんねぇ、ゴチャゴチャ道具が有って。
単に私が整理整頓しないからかも・・・
何時も姉が来る度に「捨てたらいいのに」って言われます。
でも、非農家の人には分からない所もあるから。


ツワブキ今、黄色の花が綺麗ですね。
我が家も丸い斑入りの方があります。
今年は家の前の木が枯れてその木の陰で丁度良い日当たりだったのが真面に陽が当たる様になって葉の色が冴えなく成り残念です。
移植を考えないと。
No title
☆ はる 様

コメント有り難うございます(^_^)v

いつでも捨てられると思っていましたが
来年から市のごみ収集が有料になりますので
今のうちに、無料のうちに捨てておこうと
片付けだしています。

はるさん宅も
使わなくなった農機具がありますでしょうね~
片付けしていかないといけないでしょう?
捨てがたいのは同感ですが・・・

ツワブキは初冬に咲いて日陰を明るくしてくれますね
日当たりが良すぎると葉焼けをするのでしょうか

日毎に寒くなります
風邪を引かないように気をつけて下さいね(^_^)
No title
唐箕はもったいなかったな 我が家には3台あります なんでもきれいに選別してくれます
蕎麦に 大豆に 胡麻に 菜種に 本当にきれいになりますよ
蕎麦の花がきれいで 作ったら今では 蕎麦打ちまでやってます
No title
ゆう爺様

唐箕は使う用途があれば良かったのですが、
蕎麦も大豆も胡麻も菜種もどれも作っていないので、
現在の私達にとっては使うことができない道具でした。

主人の祖母の時代には大豆や胡麻を作ってくれていました。

木製の工芸品的な唐箕でしたので、
そういう点ではもったいないな~と思いました。

ミニ黒豆を作っていますが、
20粒ほど蒔いて、1合ほどの収獲なので
手でサヤ剥きをしてゴミも息を吹きかけて飛ばせる程度の少なさなので
唐箕を使うこともありません・・・

ゆうさんの蕎麦作り、蕎麦打ちなどブログで拝見しておりました。
8月に種蒔きをして10~11月には収獲できるのですね~
収獲まで早くて驚きました。

今年もどうぞよろしくお願い致します(^_^)v

管理者のみに表示