FC2ブログ

2014年12月の記事 (1/1)

注連縄と大晦日

大晦日になりました
2014年も残すところ今日一日ですね~

初めて
大鳥居の注連縄(しめなわ)をあげるのを見に行きました
(12月16日・生駒市宝山寺です)
鳥居は普通、神社にありますが
お寺でも鳥居があるところは多いですね

雨傘をさしている人が見られるように
小雨がぱらついていたので予定時刻よりも早めにあげたため
着いたときにはすでに注連飾りは上げ終わっていました 

P1200783.jpg



濡れながら傘もささずに托鉢を終えた
六人の若い僧が宝山寺のご本堂で読経されています

P1200786.jpg


近寄って旗の字を確かめると
歳末助け合い托鉢
奈良密教青年会と書かれています

合掌して心ばかりのお布施を差し上げると
手渡された1枚のパンフレットには
高野山と記されていました

P1200787.jpg



ご本堂、文殊堂でお参りをして
奥の院を目指すと・・・
たくさんのお地蔵様です

P1200790.jpg




赤ちゃんやこどもさんを亡くされたお母さん、お父さんの思いが伝わってきます
P1200795.jpg



このお地蔵様のお顔は
ほほえんでいるように見えますね~
合掌 南無阿弥陀仏~
来る年はどうぞ良い年でありますようにお祈り申し上げます 
P1200793.jpg
スポンサーサイト



慈姑(くわい)

慈姑(くわい)を掘りました
昔は水田の隅っこで自生させていましたが
稲作をしなくなってからはプラスティックの泥舟で作っています
バケツや発泡スチロールの箱でも育てられます

放任だったので大きいのは数個
他は小粒ばかりですが
お正月のおせち用ですのでたくさんは要りません

掘ってから数日、水につけてさらしておきます
泥土の中で育っていますので
泥抜き・泥臭さを取るためです

芽が出るように・・・とのゲン担ぎのおせちの一品です
ほろ苦くてコリッとした食感がおいいしいです
茹でたてのあたたかいくわいを味付けしないで
ひとくちほおばるのが最高にウマイのです 

P1200819.jpg

スイートスプリングとレモンの収獲

手がとどくレモンはもう収獲し終えて
木の高いところに残っています
脚立に乗らないと切れません・・・

11月の初旬に農業祭があって
その品評会にだしてから早や1ヶ月半がすぎました

青かったレモンはずいぶんと黄色くなり
丸々と大きくなってきました

品評会に出すために大きいものから順に切ったのですが
残ったチビのレモンもそこそこ大きく成長しました

あちらこちら差し上げるのに切っています
無農薬という点が喜ばれます

P1200817.jpg



スイートスプリングです
皮の色は緑色ですが中身は黄色く熟しています
絶対に酸っぱくないみかんということで苗木を買ったものです

全く酸っぱくないのですが
味わいもないような・・・
ハッサクと温州みかんとのかけあわせらしい

フルーツのおいしさって
甘みと酸味のバランスが重要ですよね
皮は手ではむけなくてナイフ、包丁を使います
ちょっと面倒ですね~

P1200816.jpg

ロマネスコの収穫

急激な寒さで鼻風邪をひいたり
腰痛になったりして野菜を見に行くことも出来ず・・・
ブログのアップも滞ってばかり・・・ 
いつしか
8月の末か9月の初めに種蒔きをして育てていたロマネスコが
収獲できるほどになってきました 

P1200814.jpg
NHKの「ためしてガッテン!」で
白いカリフラワーは生でもおいしい
茹ですぎるとモサモサしておいしくないとの情報を知りました

このロマネスコ(またの名をカリッコリーとかブッダヘッドとも言いますが)は
カリフラワーとブロッコリーのかけあわせでできた野菜で
茹ですぎずにカリッとしあげるのがおいしく食べるコツです

カリフラワーもロマネスコも生でピクルスにできるそうです

カリフラワーと同じく頂芽1個だけの収獲なので
家庭菜園で育てるのにはちょっともったいない気がします

でもあまりお店で出回っていないので
自分で育てて取れたてが食べられるのがいいですね








ノースポールの葉っぱに似ていますが
挿し芽をしていたピンクマーガレットです
来年の4月末から5月にかけて咲き出します

親株でも冬越しができますが
挿し芽をして来春に大株に育てるのが都合がいいです

黄色のジュリアン、ピンクのマーガレット
そして日本桜草が我が家の春の定番になっています

P1200810.jpg

シンビジューム

今年、我が家にきたシンビジューム
温室ほど温かくない我が家に慣れるまで
数日はセロファンと保護紙をかぶせたまま・・・
寒さと涼しさになれたころ
たっぷりの水をやります

P1200799.jpg




暖かいお日様を浴びて日光浴です
やわらかな保護紙をはずすと・・・

P1200807.jpg




花茎が4本ありました
ひとつひとつの花が大きい~

P1200806.jpg




冬越しをして夏越しをしてまた冬を迎えた古参のシンビ
厚手の大きめのゴミ袋を簡易温室代わりに使っています
意外に役立ちます(夜間は鉢ごと室内に取り入れています)
それにしても葉っぱが茂っていますね~

P1200800.jpg




混み合った葉っぱの中を見ると
花茎が8本ぐらい出てきています~
まだ花の色は出ていなくて緑色ですが・・・

P1200802.jpg





こちらは別の株で赤い花色がついてきました
P1200804.jpg



葉っぱの中心から伸びたつぼみのようなものです
普通、花茎は葉っぱの株の横から出てきますが
これは葉っぱの株の真ん中から出ています
小さな花が咲くのかしら

P1200805.jpg

カンザスといえば・・・

A HEART(こころ), A BRAIN(頭脳), COURAGE(勇気)
斧をかついだブリキさんはこころがほしい~
ワラの案山子(かかし)さんは知恵ある頭がほしい
勇敢な王者になりたいライオンさん

P1200777.jpg





クリスマスツリーなどに吊るすオーナメントチャーム
息子がもらったおみやげ?です
ブリキの木こりはこころが空っぽ
ワラのカカシは頭が空っぽ
強いはずのライオンには勇気がありません・・・
それぞれがあったらな~、足りないな~と思っているものです

P1200770.jpg






日本でも愛されている オズの魔法使い (THE  WIZARAD  OF  OZ) です
ドロシーと一緒に自分のたりないものを求めて旅をする物語・・・だったかな

P1200776.jpg






オズの魔法使いの舞台となっているカンザスの大自然の写真集もおみやげ
P1200778.jpg


P1200779.jpg


P1200780.jpg



そして12月はクリスマスシーズン
P1200772.jpg




エンボス仕上げのクリスマスカード
おしゃれだな~
 
P1200771.jpg

レモンと赤玉ねぎ

レモンを収獲しました 
11月の品評会に出したときはまだ青かったレモンはだいぶ黄色くなってきました

P1200760.jpg




9月に種蒔きをしていた赤玉ネギの苗をやっと植付けしました

玉ネギの苗は大きすぎても小さすぎてもだめらしい
苗が大きすぎると春の成長期にネギ坊主ができてトウ立ちしてしまい
苗が小さすぎると小さな玉ネギしかできなくなります

ちょうど良い苗の大きさは
苗の大きさ・太さが鉛筆の太さと同じぐらいだそうです

P1200762.jpg




黄玉ネギは11月に定植して
赤玉ネギは12月の今日、植付け完了
赤玉ネギは生食用なのでたくさんの数はいらないので
残った苗は友達にわけました

次は・・・
ポットに植付けているニンニクとらっきょうを定植です
毎度のことですが遅れ遅れの作業です 

P1200763.jpg

これも雲海?

昨日からの雨があがり
雲の間から朝日の光りが雲海を照らし始めました

P1200735.jpg




お寺の境内で行われる 「大根炊き」 の行事に来てや~と
誘われて車を駆って出かけました 朝7時半すぎです
兵庫県の竹田城跡の雲海が有名になりましたが
ちょっとした雲海だ~と写真を撮りました
いい色合いがでなくて雰囲気ももう一つですが・・・

P1200734.jpg





刻々と変化していく様子にしばし見とれていました
眼下につづら折れの道と朝もやの家々が見えます

P1200737.jpg




初冬ともなると明るくなるのが遅くなりました
P1200745.jpg




落葉した木の間から朝日が昇ってきました
P1200733.jpg




お寺から少し離れた駐車場
大根炊きにきた車でいっぱいになってきました
水を使わず、酒とみりん、調味料で煮て
味噌だれをかけた大根
ふるまいの大根炊きなので午前中にはなくなるとのことでした

P1200747.jpg